iPad Proはイラスト用途に使えるか徹底調査

og.jpg

作成やイラスト・お絵かきに適して

デジタル絵を描くときは通常屋内ですが、

外でスケッチしたり

様々な姿勢で使用できるタブレットは

非常に魅力的です。



ただ、

普通のタブレットやスマートフォンは

筆圧感知ができないため、

漫画作成やイラスト・お絵かきには向いていません。



アプリを使えば

落書き程度のお絵かきはできますが、

筆圧感知がないなど問題があります。



iPad Proならば

Apple Pencilと合わせて使うことで

筆圧が表現できるので手書きのみならず

漫画作成やイラスト・お絵かきに適しています。



お絵かき・イラストに最適なタブレットをまとめました



150909pencil_jobs.jpg

イラストといえば、

Wacom Cintiq 13HDなどの

液晶ペンタブレットがありますが、

液晶タブレットは

PCとセットで使うことが前提です。

据え置きデバイスのため持ち運びできません。



一方、iPad Proなどのタブレットは

持ち運びできるので外出先でも描けますし、

どんな姿勢でも絵を描くことができます。



据え置きがいいなら

ワコムの液タブがおすすめですけど、

持ち運びできるiPad Proは魅力的です。



iPad Proは12.9インチサイズと

9.7インチサイズの2種類があります。



9.7インチの方が

大きさ的にはちょうどいいかもしれません。

大体B5のノートと同じくらいの大きさです。

個人的には12.9インチの方が好きですけどね。



iPad Proでお絵かきしている動画


紙に描いているような感じが伝わってきますね。



iPhoneも

将来的にはApple Pencilに対応する、

という情報もあるのですが、

まあ、絵を描くなら

画面は大きい方がいいですよね。



今回はiPad Pro&Apple Pencilについて

イラスト・お絵かき用途に限って

徹底調査しました。



その前に、Apple Pencilを簡単に説明します。





筆圧感知を可能にするApple Pencilとは


21c55e60.jpg

Apple Pencilは筆圧表現ができます。

それまでのスタイラスペンは

静電気式のペンで

筆圧ではなくタッチしている場所を

おおざっぱに検知することしかできません。


Apple Pencilはデジタイザー技術を使っていて

ピクセル単位で

正確に座標を検知できるようになっています。



このデジタイザーのおかげで

線の位置がずれることのなく

正確に線が描けるようになるのです。





イラスト用途としてのiPad Pro全体評価


391441836300.jpg

iPad Pro&Apple Pencilの優れているところ


傾き検知があるので、

鉛筆を横にして擦ったときのような

表現ができるのが魅力の一つです。



Apple Pencilを速く動かしても

比較的早く線が描画されます。

大体0.1~0.2秒なので

ストレスにはなりません。



充電が早いです。

なにげにうれしい仕様です。



タブレットなので外出先でも使えるし

横になりながら描くなど、

どんな姿勢でも描けます。

iPad Proというよりタブレットの強みです。





iPad Pro&Apple Pencilの劣っているところ


ペン先が完全に固定されているため、

柔らかさが一切感じられない。



紙に描くような描き心地とまでは行かない。

それどころか、

ガラスに描いているような感覚で

カツカツ音が鳴ります。



フィルタを貼れば当たる音は消えますが、

フィルタの厚さの分視差が大きくなって

ペン先と線の間にずれを感じて

書きにくくなることはあり得ます。



Apple Pencilを充電するときは

Lightning端子に刺すのですが、

はっきり言って見た目がダサいです。

Apple製品とは思えないほどセンスがありません。


charge.jpg



パームリジェクション機能が働かないときがあります。

パームリジェクション機能とは、

ペンがパネル上にあるときには

手をパネルにおいても反応しない機能のことです。



パームリジェクション機能が機能しないと

意図しない線や点が

気づかないうちに描かれてしまいます。

気づいてからでは遅いです。



イラスト強く意識したVAIO Z Canvasでは

万が一のことを考慮して

タッチパネルの無効ボタンがありますが、

iPad Proにはないので、

自分で調節することができません。



これはグローブを付けることで回避できるのですが、

あまりエレガントではないですね。



グローブを付けた方が

手の滑りが良くなるのは事実です。



あと、ホバー中にパネル上に

丸のカーソルが表示されないので

どこにペン先があるのかわかりづらいです。



このカーソル機能ですが、もしかしたら、

敢えて付けていなかったのかもしれません。



Appleの製品は設計思想が

「シンプル且つ直感的」を目指しつつ

アナログをデジタルで

表現することを追求することなので

カーソルは不要と考えたのかもしれません。






iPad Proはデジタルイラストに耐えうるのか?


ipadpro_pencil_lifestyle1-688.jpg



結論は「かなり厳しいかも」です。


ただ、趣味のお絵かき・イラスト程度なら

十分すぎるほどの性能なので

そういった用途なら十分事足ります。


また、9.7インチのiPad Proは

その大きさと性能から

ちょっとしたお絵かきには最適ですね。





さて、「厳しい」理由です。

線画や大雑把な下塗りは十分いけますが、

レイヤーを大量に重ねたり、

書き込んだりするようになると

性能不足のせいか使えません。



よって、

プロが仕事でするような

デジタル絵はちょっと厳しいでしょう。



本格イラストを描きたいならば

Wacom Cintiq 13HDなどの液晶ペンタブレット、

もしくはモンスタータブレットと言われている

VAIO Z Canvasがいいと思います。



レイヤー数を使わないイラストや

デジタルイラスト初心者の方、

趣味程度のイラストなら

iPad Pro+Apple Pencilは最強です。








iPad ProとWacom Cintiq 13HDとの比較


61o8MVoHEYL_.jpg


Wacom Cintiq 13HDは仕事でも使われる

液晶ペンタブレットなのでちょっと比較してみました。



iPad Pro&Apple Pencilの方が優れているところ


Apple Pencilはペン先が非常に細かいため、

ペンを傾けてもしっかりパネルに接触します。



iPad Proの方がピンチイン・ピンチアウトしやすいですね。

元々手で操作することを前提に作られているので

当然iPad Proの方が優れています。



iPad Pro&Apple Pencilの方が劣っているところ


iPad Proは線の描画は比較的早いですが、

猛スピードでペンを動かすと

明らかに遅れて描画されます。

Cintiqの方がやっぱり速いですね。



ペンタッチがガラスのような感覚なので

慣れるまでが大変です。



Cintiqにはある消しゴム機能が

Apple Pencilにはありません。

絵描きならわかりますが、

消しゴム機能は結構重要な要素です。

あるのとないのでは作業効率が変わります。





iPad ProとSurface Pro 4との比較


b73ccd0e-0e08-42b5-9f8d-9143223eafd0.jpg


同じようなタブレットで

MicrosoftのSurface Pro 4がありますが、

それとも比較したところ

基本的には大差がないという印象です。



どっちを選ぶかは

好みとイラスト以外の用途次第という感じです。



ただ、ペンの反応速度は

Apple Pencilの方が速いという報告があります。



Surface Pro(N-trigドライバのペン)と

iPad ProのApple Pencilの反応速度の比較動画です。

右がiPad Proです




ただし、

使うイラストアプリによって

変わってくるようなので

一概にどちらが速いとは言い切れません。



アプリによっては

iPad Proの方が遅いと

感じるということがあるかもしれません。



店頭で実際に触れて

肌で感じるのがいいと思いますよ。




Surface Pro 4のイラスト用途に関する記事>






Apple Pencil対応のイラストアプリは?


apps.jpg


筆圧に関しては基本的に

ほとんどの絵描きアプリで対応しています。



Procreate(有料)

iPadでは最も人気がある

と言ってもいいほどの絵描きアプリです。


Apple Pencilにも対応しており

筆圧はもちろん傾き検知にも対応しています。



メディバンペイント(無料)
イラストだけでなく
漫画作成にも利用可能です。

PCアプリから移植されているので
PCに慣れていないと
使い勝手など、戸惑うことがあるかもしれません。


Paintstorm Studio(有料)

高機能絵描きアプリ。

筆圧・傾き検知に対応しています。



ibisPaint(無料と有料)

国産のアプリです。

無料版は広告付きです。


傾き検知には非対応なのが残念ですが、

ibisPaintはちょっとしたお絵かき用途のアプリなので

傾き検知は不要なのかもしれません。



Autodesk SketchBook(無料)

3DCG業界の老舗のAutodeskのペイントアプリです。

筆圧も傾き検知にも対応しています。





iPad Pro+Apple Pencilは趣味のイラストなら最強


511iUoNhzcL._SX425_.jpg

しかし、前述のように

プロのようなイラストは無理でも

レイヤー数が少ないイラストや

ちょっとしたお絵かきには最適です。



その辺が割り切れるなら

絶対に買いです!



何よりも持ち運べて

外出先でスケッチすることができるのが

魅力的です。


Amazonや楽天でiPad Proの評価を確認する






この記事へのコメント