手書き・イラストに最適なデジタイザーペンとは?

ku-xlarge.jpg

紙に書くようにタブレットでイラストを描いたり

紙に書くようにスラスラと

手書き入力できるペンがあったら

すごく便利ですよね。



デジタイザーペンが

まさにそれができるペンなのです。



「デジタイザー」とは入力装置のことで、

パネル上の位置を知らせるためのペン型の装置(デジタイザーペン)と

位置を検出するパネル状の装置(タブレットのパネル)を

合わせた装置のことを言います。



デジタイザーペン対応のタブレットは

数多く発売されていますが、

そのほとんどはWindowsタブレットです。



イラストや正確な手書き入力を求めるなら

Windowsタブレットがおすすめです。



ここではデジタイザーペンの特徴や

デジタイザーと指の併用をしたらどうなるのか

について述べていきたいと思います。




デジタイザーペンと一般的なスタイラスペンの違いは?


ID-100122404.jpg

iPhoneやiPad(Proを除く)などは静電容量式のタッチパネルで

指の位置を検知しています。



人体は微量の電気を帯びています。

その電気を検知して指の場所を特定するのが

静電容量式です。



静電容量式のパネルでは

静電気を正確に検知するために

一定の広さの接触面が必要です。

5mm程度です。



静電気を帯びるペンがスタイラスペンですが、

5mmと言うと案外かなり広いです。



静電容量式のスタイラスペンは

手軽に使えるのが特徴ですが、

誤検出が多い上に

アプリを使って線を書くと

途中で切れることがあります。



一定の太さの線だけで描くといった

落書き程度なら静電容量式で十分ですが、

普通のお絵かきには全く向きません。


13Fall_VAIO_Tap_11_hero05_UI_B_white-background-1200-640x426.jpg

一方、

デジタイザーペンはかなり細いです。



また、

静電容量式とは仕組みが根本的に異なります。

ペン先がパネルに当たると

信号でペンの座標が特定されます。



この特定が非常に正確なので

誤検出はほとんどありません。



更に、筆圧を表す信号も送ることができるので

筆圧を必要とするイラストや

手書き入力には最適なのです。




デジタイザーのメリットとデメリットとは?


ID-10088266.jpg

まずはデジタイザーのメリットから

お話しましょう。



一般的なスタイラスペンは

先の太さは一定なので

筆圧による太さの表現はできませんが、

デジタイザーペンは筆圧が表現できます。



また、

スタイラスペンと静電容量式のパネルでは

精度が悪いので描いている途中で

線が途切れることがありますが、



デジタイザーペンは

座標の特定はかなり正確なので

ストレスが溜まることはありません。



さらに、

スタイラスペンは素速く動かすと

検知できない時がありますが、

デジタイザーペンはペンを素速く動かしても

しっかり検知できます。



もちろん、

普通のタブレットと同じように

指での操作もできますよ。


ID-10026538.jpg


デジタイザーペンにもデメリットがあります。



デジタイザー対応のタブレットでは

専用のデジタイザーペンしか使えない点です。



例えば、

ワコム製ドライバを積んでいるタブレットには

ワコム製のデジタイザーペンでしか対応できない

と言った感じです。



しかし、

対応しているデジタイザーペンが市販されていることから

仮にデジタイザーペンが壊れても

後から別途購入することができるので

それほど大きなデメリットにはならないと思います。




デジタイザーペンを使用中に指や手の横の部分が触れたら?


ID-10065526.jpg

デジタイザー入力では検知できる座標は1箇所だけなので

マルチタッチは機能しません。



そこで

デジタイザーペンを使用中に

指などがパネルに触れるとどうなるのか?



タッチパネルにデジタイザーペンが近づくと

自動的に指でのタッチが無効になるので

指とデジタイザーペンが触れていれば

デジタイザーペンが優先されるのです。



絵を書いている時に手が触れても

意図しないところに線が引かれることもありません。



中には手動で変えなければいけない機種が

あるかもしれません。

全部調べているわけではないので

断言はできませんが、

大体は自動で切り替わります。



最近では対応製品が多く販売されているので

関心のある人は是非調べてみてください。


手書き入力・お絵かきにおすすめのタブレットランキング

この記事へのコメント