スタイラスペンを自作するメリット・デメリット

jafdsf.jpg

スタイラスペンはタッチペンとして重宝しますが、

当然壊れることがあります。


先端の細いもので帯電できそうなものは

そうはありません。

乾電池の先端は使えますが、

あまりにもダサすぎます。


そこで自作についていろいろ調べてみました。

実際に作っているのを見ると

そのチャレンジ精神に純粋にすごいなーと感心してしまいます。



スタイラスペンのメリットとデメリットとは?

ID-100122404.jpg

メリットはやはり安上がりということでしょう。


デメリットは間違ったものを使うと

パネルを傷つけてしまうことですね。

あと、物によってはものすごくダサい。


私個人の考えですが、

スタイラスペンを自作している人の殆どは

安上がりだからではなく、

やってみたいからという好奇心から来ているような気がします


私自身もアルミで

スタイラスペンを自作したことありましたが、

スタイラスペン代が惜しくてやったのではなくて


単にやってみたかっただけ

という理由だったような気がします。

かなり昔なのであまり覚えていませんが。


でもすぐに飽きてやめてしまいました。

ダサかったし。



素直にスタイラスペンを買うかAnyPenタブレットのほうがいい

ID-10026538.jpg

はっきり言ってスタイラスペンを自作するくらいなら

素直に新しいスタイラスペンを買ったほうがいいですね。


タブレットを使うことが本来の目的なのに、

手段であるペンに時間を割くのは本末転倒です。


あるいはAnyPenテクノロジーのタブレットでもいいです。

AnyPenテクノロジーを搭載しているタブレットなら

先端が細いものならなんでもペンとして使えるので

壊れたしまった使い慣れているスタイラスペンも

そのまま使うことができます。

手書き・イラストに最適なタブレット

この記事へのコメント