手書き入力・お絵かきやイラストにおすすめのタブレット

tablet-791050_640.jpg



お絵かき・イラストにおすすめのデバイスの一つに

タブレットPCがあります。

価格が比較的安いという理由もありますが、

なんと言ってもその手軽さにあります。

持ち運びできるのでどこでも絵を描けるのが魅力の一つです。



確かに、スマホでもアプリを使えば

それなりにお絵かきやイラストを描けますが、

ちゃんとした絵を描くには

画面があまりにも小さすぎるという致命的欠陥があります。



そこでタブレットという比較的大きい画面で

お絵かきやイラストを描くことになるわけです。



一昔前まではデジタルイラストと言えば

ワコム製の液晶ペンタブレットしか

選択肢がありませんでした。

WindowsなどのOSが入っていないものばかりで、

外でお絵かきするにも一苦労でしたし、

PCに疎い人には導入が困難なものでした。

しかも10~30万円と非常に高価(OS入ってないのに...)。



しかし!

今では当たり前のようにタブレットで

お絵かき、本格イラストが描けるようになっています。

しかも安い価格で。

外出先でささっとスケッチすることも、
リビングでお絵かきすることもできます。


でも、お絵かきイラスト用途にタブレットを購入するには

幾つか注意すべきことがあります。


  

特に重要なことは

筆圧感知できるタブレットを選ぶことです



手書き入力でメモする程度なら

タブレットのアプリと一般的なスタイラスペンでも十分ですが、

複数の端末を比較しているとわかってくるのですが、

使い込んでくるとその不便さに気づきます。



描いている途中で線が切れたり

感度が思ったほど良くなかったり

速く動かすとその動きについて来れなかったり

いろいろ出てきます。



ほとんどのタブレットは静電パネルですが、

静電式とスタイラスペンの組み合わせでは

ペンの感知精度には限界があります。



また、お絵かきやイラスト等

絵を描くときには筆圧検知が必須ですが、

AndroidやiPhoneなどの一般的なタブレットでは

静電式パネルでは筆圧検知ができないという欠点があります。



これらの欠点を克服した技術が

AnyPenテクノロジーとデジタイザーペンです。



特にデジタイザーは筆圧表現に必須なので

タブレットでイラストを描くなら欠かせない機能です



AnyPenでは筆圧感知はできませんが、

普通の静電方式のスタイラスペンより精度が高いので

簡単な手書き入力に向いています。



ですので、

タブレットで絵を描くときは

デジタイザー対応タブレットを選び、

単にタブレットで手書きがしたいだけなら

AnyPen対応タブレットということになります。



そこで、ここでは

の2つに分けてタブレットを紹介します。





AnyPenテクノロジーとデジタイザーペンのメリットとは?


ID-10085358.jpg


AnyPenテクノロジーはレノボ Yoga Table 2に代表されるものですが、

どんなものでもペンとして使えるのが特徴です。



ボールペンでも

ドライバーの先端でも

鉛筆でも

先端の細いものならなんでもペンとして使えます。



どんなものが使えるのか

自分で確かめるのもなかなか楽しいですよ。

シャーペンなどあまりにも細すぎると

逆に書きにくくなりますけど。



思い立った時にさっと身近にある

細いものを使ってパパっとメモできたりします。



このAnyPenテクノロジーの欠点は

他の静電式タブレットパネルと同様、

筆圧を感知できない点にあります。



ただし、精度はかなり高いので

静電式タブレット+スタイラスペンの組み合わせよりも

ずっと精度がいいので書きやすいです。


ID-100267659.jpg

一方、デジタイザーペンですが、

タブレットがデジタイザペンに対応していると

筆圧感知ができるようになります。

非常に高精度の筆圧検知と

正確な位置に線を描くことができるのが特徴です。



絵を描くことだけではなく手書き入力時にも

その威力を発揮します。



ただし、タブレット自身が

デジタイザーのドライバを搭載していなければいけません。

主にワコム製のドライバかN-trigのドライバがあります。



タブレットでのお絵かき初心者なら

ペンの種類はあまり気にする必要はありません。

筆圧感知に対応しているタブレットを選んでおけば大丈夫です。






手書き入力で十分の場合のおすすめタブレット



手書き入力できれば十分という場合のタブレットです。

ですが、

タブレット+スタイラスペンといった従来の形ではなく

どんなペンでも使えるAnyPen技術搭載のタブレットです。



精度が高いので非常に書きやすいですし、

筆圧を必要としないちょっとしたお絵かきなら

こっちでもいいと思います。




1位 Lenovo Yoga Tablet 2 With Windows Anypen

81HZrdDi8KL._SL1500_.jpg

Windows8.1(Windows10アップデートに対応)

AnyPenテクノロジー搭載


お手頃価格で購入できます。

AnyPen対応しているのでどんなものでもペンとして使えます。

Office2013も入っています。

当然OneNoteも入っています。


筆圧がいらないお絵かきにおすすめのタブレットです。


Amazonで詳細を確認



2位 ASUS MeMO Pad 8

8140TSKk0nL._SL1500_.jpg

Android

AnyPenテクノロジー搭載


Android端末でAnyPen機能を搭載しています。

かなり安い価格です。

しかし、画面が小さいのでお絵かきには向いていません。



Amazonで詳細を確認







お絵かきイラストをしたい場合のおすすめタブレット


ちゃんとしたイラストを描きたい時や

精度を重視する場合におすすめできるタブレットです。



精度を重視するならデジタイザーペン対応のタブレットです。



一般的なタブレットは筆圧検知に対応していませんが、

デジタイザー機能が搭載されているタブレットは

筆圧検知できるのでイラストには最適です。



イラスト・お絵かきや手書き入力の精度に関しては

デジタイザー対応タブレットを選んでおけば

まず間違いはありません。



ここでは安いお絵かき用タブレットから

本格イラスト用タブレットまでおすすめのものを紹介します。






1位 ドスパラ raytrektab DG-D08IWP(レイトレックタブ DG-D08IWP)


DFQDCggUIAAKbv5.jpg


パソコン専門店のドスパラから販売されたイラスト・お絵かき用タブレットPCです。
エントリーモデルとしては最高のお絵かき用タブレットでしょう。


価格:5万円弱(公式サイトの場合)
筆圧感知レベル:4096
傾き検知機能あり
画面サイズ:8インチ(1280x800)
OS:Windows 10
CPU:Atom(Z8350)1.44GHz
メインメモリ:4GB
ストレージ:64GB
フロントカメラ、リアカメラ搭載
Wi-Fi対応

(raytrektab発表会にて実際に線画を描いている様子)


価格は5万円以下と比較的安いタブレットです。


ペンはWacom製デジタイザで、
電磁誘導方式(Wacom feet IT technologies)を採用。
電池不要です。


筆圧感知レベルは4096と驚異的です。
力を抜いて線を描いても
細い線が思ったように描けます。


また、この価格帯では珍しく、
傾き検知にも対応しています。
ペンの傾き角度で線の濃淡や太さを
変えることができます。


ペン先は通常芯のほか、
フェルト芯やエラストマー芯が付属しています。
自分好みの描き味に変えることが可能です。


さらに、
イラスト・漫画で高いシェアのイラストアプリ
CLIP STUDIO PAINT DEBUTが付属しているので
イラストソフトを別に購入する手間も省けます。


スペック的には
レイヤーを大量に重ねるなどの
無理なレイヤー操作をしなければ
十分余裕に絵が描けるレベルです。


描き心地は紙に近くより自然な感じです。
描画の遅延も全く気になりません。


8インチはちょっと小さいですが、
この価格で珍しく傾き検知できますし、
描画性能に関してもストレスを感じないレベルです。
安い割に描画性能に関しては文句なしなので
コスパ最強といって良いでしょう。
それに、ドスパラは信頼あるブランドなので安心できます。


気軽にお絵かきしたい方におすすめのタブレットです。



ドスパラ公式サイトで詳細を確認



楽天で詳細を確認



Amazonで詳細を確認








2位 東芝 dynabook Tab S80, S90, S68/NG

81UaGJwJzuL._SL1500_.jpg

Windows8.1(Windows10にアップグレードできます)

ワコムドライバ

ワコム製デジタイザペン付き

デジタイザーペンはアクティブ静電結合方式で

2048段階の筆圧感知が可能

紙のような感覚で絵を描くことができます。


dynabook Tabシリーズ中で、

Amazonレビュー数が最も多く最も高評価のモデルです。

他のタブレットと比べると少し割高ですが、

国産という安心感は最高です。


サイズは10.1型(S80とS90)と8.0型(S68)があります。

10.1型は値段は高くなりますが大きいのでイラストに向いてます。

S90にはキーボードが付属しています。


価格も比較的安いです。


ちなみに、東芝のPC・タブレット事業は

100%子会社の「東芝クライアントソリューション株式会社」に分社化されるので、

東芝のPCやタブレットがなくなるということはないでしょう。


何かと話題の東芝ですが、

Amazonでの評価も高いですし

国産という安心感もあります。

おすすめのお絵かき用タブレットの一つです。


Amazonで詳細を確認




3位 ASUS ZenPad Z580CA-BK32

61vF94OuVdL._SL1000_.jpg

デジタイザーに対応しているAndroidタブレットです。

別売りのZstylus penと組み合わせることで

筆圧表現できるお絵かきができます。
価格もリーズナブルです。

画面サイズは4:3ですが

絵を描くにはこのサイズの方が描きやすいです。

ネットへの接続はwifiのみです。


ペンに関する誤作動の報告があるものの

Amazonでの評価はかなり高いです。




参考動画


ASUS ZenPad Z580CA-BK32

アマゾンで詳細を確認


ASUS Zstylus pen

アマゾンで詳細を確認





4位 ASUS VivoTab Note 8 R80TA

71XHhbBNP8L._SL1500_.jpg

Windows(Windows10アップデート対応)

ワコムドライバ

ワコム製デジタイザペン付き

Officeもついているコストパフォーマンスは最高です。

旧世代と言うこともあり安いです。

今でも現役で使えるお絵かきタブレットです。


参考動画

英語ですが参考までにどうぞ。

筆圧がしっかり表現できているのがわかります。


Amazonで詳細を確認





5位 Apple iPad Pro Retinaディスプレイ

511iUoNhzcL._SX425_.jpg

iPhoneなどで有名なAppleの液晶タブレットです。

プロでも使えるほどの性能です。


別売りのApple Pencil MK0C2J/Aを購入し、

Lightning経由でペアリングすることで

紙のように絵が描けます。


iPad ProとApple Pencilが

タブレットとデジタイザーペンの関係になっていて

液晶に手をついたままでも絵を描けます。


反応速度はSurface Proを上回るとの評価があります。


iPad Pro Retina自体値段が少々高いですし別売りのペンも高いので、

本格的に筆圧が必要なイラストを描きたい場合におすすめです。


参考動画(こちらもしっかり筆圧表現できています)


iPad Pro

Amazonで詳細を確認

楽天で詳細を確認




Apple Pencil

Amazonで詳細を確認

楽天で詳細を確認





6位 Microsoft Surface Pro 4

51hzNp5G53L.jpg

Windows 10

N-Trigドライバ

デジタイザペン付き

キーボードは別売り


価格は高いですが、性能は折り紙つきです。

イラスト・お絵かきできるタブレットとしては最高レベルです。

色の仕上げも十分できます。


Amazonで詳細を確認




7位 NEC LAVIE Tab W

71Kkk4ikjeL._SL1280_.jpg
デジタイザーペン付き


複数のモデルがあるのですが
一番評価が高いのがPC-TW710BBS


Windows 8.1(Windows10にアップグレード可能)
デジタイザーペンはWacomタブレットと同じ電磁誘導方式
キーボードは脱着式
クアッドコア
メモリ4G
Office付き

他のモデルと比べ若干価格安です。

艦これなどのイラストで有名な草田草太さんが
LAVIE Tabで実際に絵を描いている動画があります。


LAVIE Tabを使えば
こんな柔らかいタッチのイラストも描けちゃいます。


Amazonで詳細を確認




最近はデジタイザーに対応したタブレットが多くなってきました。

価格も安いものが増えてきたので

手軽にお絵かきができるようになりました。



デジタイザー技術を使えば

正確にペンの位置を検知できます。

イラストに必須の筆圧感知もできるようになります。



デジタイザー技術を搭載したタブレットは

お絵かき・イラストには必須です。



タブレットでイラストやお絵かきすると

パネルにペンが当たるときカツカツ鳴るので

最初は違和感があるかもしれませんが、

慣れれば全く気にならなくなります。



また画面にフィルムを貼ったり、

ペン先(芯)を換えることで描き味を変えることもできます。



DFQDCggUIAAKbv5.jpg

ドスパラのraytrektab DG-D08IWPは
お手頃価格であるにもかかわらず
描画性能面で変な妥協をせず、
最先端技術を取り入れています。


もちろんスペックなど
高価格帯のタブレットにはかないませんが、
価格以上の性能ですし、
完成度の高いお絵かき・イラスト用タブレットに仕上がっています。


また、ドスパラはパソコン専門店として
知名度、信頼性の非常に高い専門ショップですので
安心感のあるブランドでもあります。


そういったことからも
raytrektab DG-D08IWPは
イラスト・お絵かき用途としておすすめのタブレットといえます。


公式サイトでraytrektabの詳細を確認




にほんブログ村 PC家電ブログ タブレット型端末へ

この記事へのコメント