スタイラスペンの自作をおすすめしない理由

ID-100267659.jpg

たまに、iPhoneなどのスマホやiPadなどで

タッチペンを使って作業している人を見ることがあります。

タッチペンって使ってみると意外と便利です。

指だと誤反応することがあるので。


そういう専用のペンのことをスタイラスペンといいます。


ペンと名前は付いていますが、

紙に書いたりすことはできず、

タッチパネル上でしか使うことができません。


ですが、
たまにスタイラスペンが壊れてしまうことがあります。

近くにある尖ったもので代用しようとしても

そのほとんどは使えません。


iPadなどの静電気式のタッチパネルの場合は

指の静電気によってタッチ部分を検知するので

静電気を帯びていないものはペンとして使えません。



そこでスタイラスペンを自作するのですが、

  • 静電気を帯びるもの
  • 棒状のもの
  • 一定の硬さがあるもの
  • 先端がある程度細いもの

この条件を満たすものは見つけるのは難しいです。

ID-100230010.jpg

簡単に代用できそうなのは

乾電池、丸めたアルミホイルなど

あまりパッとしないものばかり。



しかもiPadにアルミなんか使ったら

センスの欠片がないどころか滑稽にすら思えてきます。


ネットで自作したスタイラスペンを公開している人もいますが、

素人が簡単に作れるもんじゃないし、

正直スタイラスペンにそこまで時間をかけたくない

と思う人が多いと思います。


そうなると、自作しないで、

スタイラスペンを購入した方手っ取り早いです。


ただ、これらの問題は

YOGA Tablet 2 with Windows AnyPenテクノロジー搭載

タブレットを使えば解決できます。 
yoga-tablet-with-anypen-7-100538569-large.jpg

iPhoneやアンドロイドタブレットを

すでに所有している人には必要ないかもしれませんが、


AnyPenテクノロジーを持つYOGA Tabletなら

ペンでなくても先が細いものなら

ほとんどペンとして使うことができるので、

タブレットで手書きするときは

スタイラスペンのことを気にせず使えるのでいいです。


>>Yoga Tablet 2 AnyPenテクノロジーとは?

この記事へのコメント