Yoga Tablet 2 AnyPenテクノロジーとは?

b6e46a00-c9e8-42bc-89a6-f43c67d52054._V309382538__SR970,300_.jpg
AnyPenテクノロジーという言葉は
知らない人にとっては本当になんのことかわからないと思います。



ここではそんな人のために
AnyPenテクノロジーについて簡単にお話したいと思います。




AnyPenとは?


この単語をわかりやすく日本語に訳すと

「どんなペンでも」

という意味が最も伝わりやすいと思います。



「わからねーよ」
と言われそうですが、
少しだけご辛抱を。
順を追って説明していきます。


tablet-791050_640.jpg
通常のタブレットでも
専用のペンを使えば
字や絵が描けるのですが、


今書いたとおり
「専用のペン」
じゃないとタブレットに書けないんです。


そういうペンを
スタイラスペン
と言います。


で、AnyPenにもどりますが、
ここで
「どんなペンでも」
とすればわかりやすいと申し上げた意味がわかると思います。



そうです、
専用のペンは必要ないんです。
どんなペンでもタブレットに描けてしまう
という技術のことなんです。


実際はペンに限らず、
電荷を帯びるものならどんなものでも
スタイラスペンとして使えます。


この技術結構便利ですよ。

pencils-93817_640.jpg


普通の静電気式のタブレットにも
適当なペンを当てても書けなくはないですが、
ものすごく精度が悪く、
使えたもんじゃありません。


機会があったら試してみてください。



そこで専用のスタイラスを使って
先端が細いものでも認識できるようにするのですが、


AnyPenテクノロジーでは、
専用のスタイラスでなくても正確に認識できるのです。


キャップを付けたままのボールペンでも
鉛筆でも
シャーペンでも
ドライバーでも
フォークでも
普通に字が書けちゃいます。





字を書くだけじゃなくて
小さいボタンをタップする時にも便利です。


指だと違うところが反応することありますからね。


まあ、メーカーによるとあらゆるものが
スタイラスペンとして使えるわけではないらしいので、
自分で確かめてみるしかないですが。



画面にペンの跡が残る?


pencil-148900_640.png

鉛筆など実際のペンを使った場合は
書いた直後はインクが多少は残ります。
でも拭き取れば消えるので
それほど心配はいらないと思います。


一番いいのは鉛筆のような先端がちょっと丸いものですね。
キャップをはめたボールペンでもいいかもしれません。


筆圧を強めにしてもペンの跡は残りません。


でも、人によって筆圧は変わるので、
あまり強く書きすぎて
傷がつくなんてことのないようにしてください。



また、
ものにもよるかもしれませんが、
保護フィルム越しでも反応する
という報告があります。
感度は落ちるでしょうけど。




AnyPenテクノロジーとは

どんなものでもスタイラスペンになるタブレット


このテクノロジー、便利です。


AnyPen対応の手書きにおすすめタブレットまとめ





この記事へのコメント